専門医のコラムDr's Column

12

21

2019

冬の風物詩(?) ドライアイ患者さん、増えています

ドライアイは老化のサイン?

このところ「ドライアイ」症状増悪を訴えて受診される方が増えています。

とは言っても、「かわく」という訴えは少ないのです。

多くは、「ゴロゴロする」、「ショボショボする」、「目がかすむ」、「まぶたが重くなる」、「目を開けられない」といった症状で受診されることが大半です。

こうした症状が「ドライアイ」すなわち ”涙不足” で生じていることを知らない方が多いですね。

何故、冬にドライアイが悪化する方が多いのか、東洋医学的観点からその理由と根治のための対応を、過去のコラムからまとめましたのでご参照ください。

ドライアイ、老化のサイン? 治療法①

ドライアイ、老化のサイン? 治療法②

ドライアイ、治るのかな? 治療法③

ドライアイ、治るのかな? 治療法④

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。