専門医のコラムDr's Column

5

30

2019

“手術成功率” の真実

病気になり医療機関を受診される患者さんにとって気がかりとなる「手術成功率」・・・。

こうした指標は一般的には「手術成功率が高い方が名医」と捉えられがちです。

手術成功率が低いと、「失敗」が多いと思う方も多いでしょう。

受験教育を受けた日本人の多くは、「高い点数」、「高い偏差値」に価値を認めることを習慣づけられているため、「高い数値」を絶対視する傾向があるようです。

「低い数値」=「失敗が多い」と連想しがちです。

数字を高く”調整する” 問題が、官公庁発表の各種統計数字捏造事件として世間を騒がせたことも記憶に新しいですね。これなども「高い数字 = 良い成果」と短絡的に国民に捉えてもらうために行った不正でしょう。

手術 “成功率” の問題点

病気の治療全体から見た場合、「手術」は数ある治療手段の一つです。

手術で疾患が完治することはむしろ少ないのです。

内科治療で治療しきれない部分に対して、外科手術で治療を “補い” ます。術後に必ず何らかの対応が必要となるのは手術だけでは治療が完了しないからに他なりません。

ブラックジャックをはじめとして、医療マンガで一番「絵になる」のは「外科手術」です。「手術の成功」なくしては、マンガも面白くなりません(笑)!

多くの患者さんが口にする言葉は、「手術で治りますか?」です。これは裏を返せば、「手術しても治らなければあきらめる。」という意識の裏返しでもあると考えます。

病気は「手術で治すもの」と思われている方も多いでしょう。そのため、「手術成功率」という数字が医師を選ぶ倍に価値の高い、信頼性の高い、医師を選ぶ際の選択基準となっているようです。

そもそも手術は、医師によって手術技術のレベル(上手か下手か)、に大きな差が出るのが現状です。

ある疾患に対して10年1,000件を手術治療した医師と、10年で10件(年間一件)の技術経験した医師と、この二人の手術技術を同じだ、という方はほとんどいないでしょう。

「腕のよさ」が手術治療にに必要な一つの指標となることは間違いない事実だと思います。

その際の基準の1つとして「臨床指標」が参考になります。臨床指標は手術の症例数、成功率と合併症の少なさのことを示します。症例数は経験値の高さを示し、成功率と合併症の多少はその医療機関と医師の実力をあらわすことになります。

しかし、むやみに信じてはいけません。

例えば「白内障手術」。

この手術を受けて頂く方の年齢は20代(時には10代の方も)から100歳までと年齢層が幅広いです。

50歳の方への白内障手術、90歳過ぎた方への白内障手術では、だれが手術を行ったとしても、ほぼ間違いなく ” 90歳をはるかに超える患者さんの ” 手術成功率” は下がります

これはどうしてかというと、手術における「リスクや合併症」が年齢が高くなるほど高くなるからです。

アメリカでは手術成功率が高くないと患者さんに選んでもらえない(「ご指名いただくことがアメリカでは必須!)です。

そのため、医師が自分の手術成功率の数値が下がらないように工夫します。

具体的には簡単な症例しか選ばなくなる傾向がアメリカでは高くなっています

そのため手術が難しい患者さんを手掛ける医師が少なくなっているという問題を生じています。

受験では出来ないのですが、受験問題を選択することができるとすると「簡単な問題だけを選択して、難しい問題は選ばない!?」といったところでしょうか。

当然、高い点数が取れますよね (笑)

本当の名医は困難な手術を数多く手がけます。当然、成功率は低くなりがちかもしれません。

難しい白内障患者さんの手術を引き受けない方が、その眼科医は「名医」に近づくのです !?

レーザー白内障手術やレーシックは、最先端のAI技術

眼科分野において、技術的な「成功率数値操作」を気にしなくてよい手術手段があります。

どのようなベテラン眼科医よりも、レーザー白内障手術や最先端レーシックで使用される「レーザー技術」は精度の高い結果を必ず残せます。

もちろん、100%失敗はない、とは言い切れません。とはいえ、30年のベテランと、1年の新人医師との技術差をAI技術が縮めてしまったのです。

こうした最先端AI 技術は、ある医師の「手術成功率」という数字に患者さんが惑わされたり、気にせずに最良の結果を出せる手術技術です。

私のこれまでの手術執刀経験も過去の遺物となるのかもしれません・・・!?

「成功率」という言葉に迷わないよう、どのような手術技術をも凌駕する方法が今後主流になるのではとも言われています。それぞれの治療については以下のサイトをご覧ください!!

⇒  レーザー白内障手術

⇒  プレミアム・アイデザイン・レーシック

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。