専門医のコラムDr's Column

2

8

2019

コンタクトレンズが交感神経を緊張させる!

鼻と口に空気を通すと言われる “サランラップ” を貼り付けるとしたら・・・。
その状態で昼間生活することになったとしたら、あなたは耐えられますか?

「窒息する!」、「一日も耐えられない・・・」と多くの方がお答えになります。

では空気に触れて呼吸している眼球の角膜はサランラップを張っても大丈夫でしょうか?

ソフトコンタクトレンズを装着するというのは、
角膜の呼吸を制限する」ことになります。
このことに気付いていない方が多いですね。
メーカーが「酸素透過性」を唱えているから安全だと勘違いされるのでしょう。

この問題は目だけにとどまりません。

全身の免疫力低下、各種疾患の原因にもなり、身体の不調にもつながります。

詳細は以下の動画をご参照ください!

また以下に、当院のコンタクトレンズ外来について説明させていただいております。

⇒ コンタクトレンズ外来

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。