専門医のコラムDr's Column

1

2

2019

視力回復と認知症

明けましておめでとうございます! 本年も皆様のお役に立つ情報を配信していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

視力と認知症

年々増加して社会問題となっている「認知症」!

ご自身にとっては認知症など無縁のことと誰もが思っています。「自分がなるはずがない!」と思っていても発症するのが認知症に限らず多くの病気の特徴です。

健康な時にはだれしも「まさか自分が病気になるなんて・・・。」と、病気について考えることは少ないですね。

しかし、いざ病気になってしまうと「何故、こんなことに・・・、できることなら病気になりたくなかった。」と思うのが人の常です。

様々な医学研究で「認知症」と「視力」の関連が明らかになりつつあります。結論としていうと、「良い視力」は認知症予防や改善に繋がるようです!

近視、遠視、乱視、老眼は治療で治せる時代です

長寿社会の日本において、100歳までメガネ無しで良い視力で過ごせることがどれだけ価値があるか考えたことがあるでしょうか?

例えば白内障手術で60代の方が、それまで必要としていたメガネが不要となり裸眼で遠くも近くも見えるようになることが可能です。「こんなに裸眼で良く見えるであれば、長い人生、早く視力を回復しておけばよかった!」と言われる方が殆どです。

この快適さが「認知症予防」に繋がることは想像に難くないのですが、実際に治ってみないと、その価値は分からないようです。

「メガネで(あるいはコンタクトレンズを付ければ)見えているから、視力を回復しなくても私は困っていません。」と、「視力を回復しない言い訳」をされています(笑)

新しい元号が始まります。世界一の長寿の我々日本人、今年は本気で視力回復を検討して、人生再スタートしませんか? ・・・もちろん、「認知症」なんてもってのほかですから!!

視力悪いと認知症になる?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック 長浜院ホーム オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。