専門医のコラムDr's Column

12

9

2018

なぜ私たちは呼吸をするのでしょう?

体内で栄養素をエネルギーに変換するためには酸素が必要!

呼吸ができなくなり酸素が体内に入っていかなくなるとエネルギーが枯渇します。

エネルギーが全くなくなった状態が「死」です。

呼吸は生命を維持するためのエネルギー生成に必須!

われわれが生きていく上でエネルギーが必要なことは周知の事実です。

どのようにエネルギーを作っているかは意外と知られていません。

一言で言うと、細胞のなかのミトコンドリアで酸素を用いて栄養素を燃やしエネルギーを得ています。

われわれはエネルギーを作る作業を四六時中休まずに行っているのです。そのために呼吸を止めることなく、睡眠中も呼吸を続けています。酸素を体内に取り入れていることがエネルギー生成に必須だからです。

そのため呼吸ができなくなり酸素が体内に入っていかなくなるとエネルギーが枯渇します。

基礎代謝が行えなくなると、生命活動が終わります。

エネルギーを産生するのに酸素が必要な理由は何なのでしょう?
酸素を用いて栄養素を燃やす理由を次に解説したいと思います。

////////////////////////////////////////////////////////////////

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。