専門医のコラムDr's Column

12

6

2018

食事とミトコンドリア

 

前回のコラムで「ミトコンドリアが担う最も重要なこととは、食べたものからエネルギーを引き出し、酸素と組み合わせてアデノシン三リン酸(ATP)を生成することです。」とお伝えしました。

ミトコンドリアの役割

どうして ご飯を食べるの?

食事をする目的を考えたことがあるでしょうか?

「お腹が減るからに決まってるじゃない!」

「食べたいから食べるのに、私から食の楽しみを奪わないで!!」

等々の声が聞こえてきそうですね。食文化が発達して、世界一美味しいものが食べられる日本にいてはなおさらです。

とはいえ、本体の生物としての食の必要性としては以下の3点が挙げられます。

命活動のエネルギーを得るため

食物を消化分解し、糖質、脂肪、タンパク質などの栄養素へ変換

栄養素からエネルギー生成

ミトコンドリアで生きていくために必要なエネルギーを生成するために食事をとるのです。

寝ていてもエネルギーが必要なことは、多くの方がご存知だと思います。具体的には以下のような割合で、われわれは毎日エネルギーを必要としています。

基礎代謝 
起きているときも寝ているときも 四六時中行われている代謝活動で
全エネルギー消費の60%

活動時代謝
運動や生活活動で 全エネルギー消費の30%

食事誘発性熱産生
食事をしたときに産生される熱で 体温維持等に関与し
全エネルギー消費の10%

具体的にエネルギーが消費される状況は多岐にわたるのですが、この生きていくためのエネルギー製造所がミトコンドリアであり、その燃料を食事から得ているのです。

////////////////////////////////////////////////////////////////

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。