専門医のコラムDr's Column

6

15

2018

風邪に抗菌薬は無効

風邪に抗菌薬は無効である、実は医療業界では常識です。

なぜなら「風邪」は「ウイルス感染」によるもので、「抗菌薬」はウイルスには全く効果が期待できないからです。

769628

しかし、多くの医療機関で「風邪に抗菌薬」が処方されているという事実がYahoo ! JAPAN ニュースに掲載されていましたのでご紹介いたします。

(以下、YAHOO! JAPAN ニュース から転載します)

効かないのに…診療所の6割、風邪に抗菌薬 学会調査

6/2(土) 12:12配信

抗生物質などの抗菌薬はウイルス性の風邪には効かないにもかかわらず、約6割の診療所は患者から強く求められると処方していることが、わかった。日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査委員会が1日、岡山市で開かれている学術集会で発表した。抗菌薬を誤って多用すると薬が効かなくなる耐性菌が増えることから、国は適正処方を求めている。

ウイルス倒す薬の仕組み

今年2月、無作為に選んだ全国1490カ所の診療所に郵送でアンケートをして、269カ所から有効回答を得た。ウイルス性の普通の風邪「感冒」と診断した患者やその家族が抗菌薬を希望した場合、「希望通り処方する」が12・7%、「説明しても納得しなければ処方する」が50・4%で、計約6割を占めた。

また過去1年間で感冒と診断した患者にどれくらいの割合で抗菌薬を出したかを尋ねたところ、「4割超」と答えた診療所が20・2%、「2割以下」と答えた診療所は62%だった。処方した理由は、「重症化予防」(29・8%)や「二次感染の予防」(25・8%)などで、医学的根拠が乏しいと思われる理由だった。

厚生労働省は普通の風邪に抗菌薬を使うことを推奨していない。適正使用に向けて医師向けの手引を配ったり、患者に説明して抗菌薬の使用を控えた場合に報酬が上乗せされる仕組みを導入したりしている。

調査にあたった、国立国際医療研究センター病院の具芳明医師は「抗菌薬はウイルス性の風邪に効かないことを一般の人にも広く知ってほしい。正しい情報をどう伝えるかが今後の課題だ」と話す。

同病院AMR臨床リファレンスセンターがホームページで一般向けに抗菌薬や耐性菌の解説をしている(http://amr.ncgm.go.jp/)。(水戸部六美)

朝日新聞社

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 それでは風邪をひいたときにはどうすればよいのでしょうか?

本当に風邪なの?

正確な診断は医療機関でも実は簡単ではありません。

「風邪」と一般的にひとくくりにされているのですが、症状はまちまちです。

多くの方が症状として挙げるものを記載しますと・・・。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、発熱、全身倦怠感、頭痛、めまい、腹痛、筋肉痛 などなど、キリがありません・・・。

これらの中で、診断が特定できるものもありますが、特定困難なものもあります。

例えば多くは花粉症を代表とする、アレルギー症状の悪化の場合が少なくないのです。以外とアレルギー症状を繰り返していることを、「風邪がスッキリしない」と勘違いされている場合も!?

総合感冒薬の内容は?

現在流通している総合感冒薬に含まれる主な有効成分として以下の成分が挙げられます。

  • 鎮痛・解熱成分
    • アセトアミノフェン(パラセタモール)・イソプロピルアンチピリン(ピリン系)など
  • 咳止め・気管支拡張成分
    • リン酸ジヒドロコデイン ・リン酸コデイン ・dl-塩酸メチルエフェドリン ・ノスカピンなど
  • 去痰・消炎酵素成分(咳・痰・鼻水など)
    • 塩化リゾチーム ・カルボシステイン ・塩酸ブロムヘキシン ・グアイフェネシンなど
  • 抗ヒスタミン成分(くしゃみ・鼻水・鼻づまり・頭重など)
    • マレイン酸クロルフェニラミン ・フマル酸ケトチフェン ・塩酸プソイドエフェドリン ・塩酸ジフェンヒドラミンなど
  • 鎮痛・抗炎症成分
    • イブプロフェン ・ エテンザミド
  • その他
    • 無水カフェイン ・ビタミンB1誘導体 ・フェニレフリンなど

 全て、不快な症状を抑える目的の「対症療法」目的の成分です。

本当にウイルス感染による「風邪」だとすると、上記の薬は何一つウイルスには効果がありません。

風邪を治すのはあなたの ”免疫力”

実はウイルスに対抗できる兵隊を我々は自分の身体の中に持っています。「免疫力」です。

免疫力(地球防衛軍)、活性酸素(スペシウム光線)!?

また、過去のコラムで以下のような内容もお伝えしました。

風邪を引いたので抗生物質…ちょっと待った! 腸内細菌バランスが崩れて自己免疫疾患に? 果ては近視の誘導にも!

免疫力を高めるためとはいえ、すぐに食生活習慣を変えることは簡単ではないでしょうね。

風邪のときはプチ断食して寝るのが一番!

風邪の時ほど、「たくさん食べて栄養付けて、早く回復しよう」と考える方が多いようです。

これは、身体に負担をかけるばかりで、むしろ免疫力を弱めてしまいます。なぜなら沢山食べることで胃腸に消化と言う負担を強いることになるからです。

消化に余計なエネルギーを回さないことで、免疫力が活性化することが知られています。

食物の胃での滞留時間、ご存知ですか?

もし体調不良を起こして、「風邪かな?」と思った場合に行ってほしいことは、「パxロン」を飲むのではなく(笑)、胃腸に負担をかけないように食を細くして寝て身体を休めることです。

これがインフルエンザ(こちらもウイルス感染)を含めて、一番早く回復する方法だと思います。

”薬” を使わない野生動物は本能的にこの ”自然療法” を行っております

私は体調が思わしくないときには、出来るだけ食べないようにして良く眠るようにしています。そうすると翌朝には前日の具合の悪さが改善することを実感し、開業後15年来、おかげさまで体調不良が原因で仕事を休むことなく診療、手術を行くことが出来ております。

消化に負担をかけないことで、免疫力がウイルスから身体を早く回復させてくれるのです。

。。。。。。。。。。。。。。。

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

https://ogurikinshi.com/nagoya/ophthalmology/sp_hospital

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(愛知、名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

 

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。