専門医のコラムDr's Column

5

8

2018

イタリア ミニウエル(MINIWELL)SIFI社訪問④

昨日のコラムからの続きです。

イタリア ミニウエル(MINIWELL)SIFI社訪問③

エトナ山の麓のSIFI社へ

カターニアは何といっても、活火山であるエトナ山の街!

イタリア政府観光局のサイト(http://visitaly.jp/unesco/monte-etna)から以下転載します。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

エトナ山

Monte Etna

所在地:シチリア島カターニア近郊
登録年:2013年(自然遺産)

エトナ山はシチリア島東海岸のアイコン的場所であり、その広さは頂上の周囲1万9237ヘクタールの非居住地帯に及びます。
エトナ山は地中海の島のなかでは最も高く、世界で最も活発な成層火山です。その火山噴火の歴史は50万年前までに遡り、少なくとも2700年前の噴火活動が記録されています。

エトナ山の噴火活動はほぼ継続的で、火山学、地球物理学、その他の地球科学の分野にも大きく影響し続けています。火山はまた、特有の植物相、動物相を含む、重要な地球の生態系を支えており、その活動は生態学的、生物学的推移の調査にとって、自然の研究所ともいえるものです。

頂上地帯の数々のクレーター、噴石丘、溶岩流、ヴァッレ・デ・ボヴェ爆裂火口など、火山性特徴は多様で接近可能なため、研究、教育においても最適の場所といえます。

自然遺産の『エトナ山』Il Monte Etnaは、シチリア州東部にある、一見富士山のような形をした標高3323mの活火山。カターニア、タオルミーナなどの観光地からも煙をあげる山の姿などを見ることが出来ます。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

本当に富士山のような形をした独立峰で、訪問した時には雪に覆われていました。

当日も噴煙を上げている活火山で、エトナ山の溶岩で出来たのがカターニアなのです。

 

カターニアの街中からSIFI社へは、ひたすら登り道を走っていきます。

エトナ山1

高速道路を走って約30分でエトナ山麓のSIFI社へ!

エトナ山とフッド山

私が以前留学していたアメリカ、オレゴン州のポートランド市、オレゴンの象徴ともいえるフッド山(標高3425m)を思い出しました。

ポートランドの日系人には「オレゴン富士」とも呼ばれる美しい山です。フッド山というより、「マウント・フッド」という名前の方が個人的にはなじみが深いのですが!

恵まれた自然の中でフィッシングはもちろんスキーをはじめとした様々なアクティビティーを楽しむことが出来ます。

マウント・フッド

(写真は Travel Portland https://www.travelportland.com/lang/japanese/places-to-visit-2/mount-hood/ より転載)

 

話が外れましたが、海外でも富士山のような美しい山が意外とあちらこちらにあることと、自分のそうした山々とのご縁を感じました。

 

いよいよSIFI社へ到着です! 実に長い道中でした(笑) ミニウエル(MINIWELL)求めて3000里?!

SIFI labo

エトナ山の麓の風光明媚な場所でした。

エトナ山2

SIFI社の近くから、このようなエトナ山が見られます。

。。。。。。。。。。。。。。。

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(愛知、名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。