専門医のコラムDr's Column

12

22

2017

緑内障、白内障の違いが分かりますか?

緑内障と白内障の違いとは?

「緑内障と白内障はどう違うのですか?」

と患者さんからよく聞かれます。

日本語ですと“緑”と“白”の一字違いですので、似たような病気だと思っている方も多いようです。

ところが全く別の病気です。

この違いについてを白内障サイトのコラムに掲載しました。

⇒ 「緑内障と白内障の違いは?」

 

実は私も学生時代は、区別がついていませんでした (^^;

医学部の6年生になって、眼科の勉強を始めてからその違いを知ったのでした(笑)

さて本題に戻ります。

緑内障も白内障も40歳頃から徐々に増えてくる病気です。

老眼とは初期の“白内障”です。

物を見るときにピント合わせをする役目をしている「水晶体(レンズ)」が濁り、更には硬くなってピント合わせの幅が狭くなります。このピント合わせの“融通が効かなくなった”状態が老眼なのです。

このように白内障は眼の中の水晶体が濁ることにより起こりますが、手術をすれば視力は回復します。

白内障治療に点眼薬や内服薬の効果は?

緑内障は視神経が傷む病気

対して緑内障は「視神経が傷んで行く」病気です。一度、視神経に障害を受けると、二度と元には戻らない(とされている)病気です。そのために、早期発見と早期治療が重要です。

“(とされている)”と記載したことには理由があります。当院で行っている高濃度水素吸入療法や、高濃度ビタミンC点滴で、“治らない”とされている視野欠損(視界の中で部分的に見えない場所が起こること)の改善例が、何人も確認されているからです。

緑内障の詳細については、当院のホームページをご覧ください。

また、近視と緑内障についても以下のコラムで説明しております。

近視は緑内障になりやすい! お子さんの近視、悪くなっていませんか?

近視手術後、緑内障に注意! (YouTube)

緑内障書籍の紹介

 

緑内障 紙書籍カバー 当グループより緑内障の書籍を出版しております!

YouTube でも書籍の内容紹介をしておりますので、上記よりご参照いただけますと幸いです。

//////////////////////////////////////////////////

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(愛知、名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。