専門医のコラムDr's Column

12

10

2017

ドライアイ、老化のサイン? 治療法①

寒くなってきて、滋賀県の伊吹山は今季5回ほど冠雪しました。そろそろ下界も雪が降りそうです。

寒さで体調を崩される方も増えているようです。

今回は東洋医学の観点から冬に症状が悪化しやすいドライアイの話をさせていただきます。

冬は「腎」が重要

東洋医学では、自然界の摂理を説いた古代中国の「陰陽五行説」に基づき、自然界を「木・火・土・金・水」の5つの要素にあてはめて考えます。

季節や人体の働きも5つの機能に分け、互いの関係性を重視します。

特に人体の働きに関する5つの要素を、「五臓」といい、「肝(かん)」「心(しん)」「脾(ひ)」「肺(はい)」「腎(じん)」に分類します。

それぞれ季節ごとに傷つきやすい五臓や、各々の役割が決まっています。

冬はその中でも特に「腎」に注意することが大切です。ただし、「腎」=腎臓ではなく、腎臓をはじめとする泌尿器系や内分泌系の働きの総称です。

雪の伊吹山
<季節と五臓の対応表>

腎臓や膀胱など泌尿器系と内分泌系に関わり、成長・発育・生殖・老化と関係がある。
肝臓や胆のうと関係があり、血液を貯蔵する働きや、自律神経・情緒をコントロールする働きがある。
心臓や循環器系に関わり、血液循環や、睡眠リズムを調節する働きがある。
土用 胃腸などの消化器系に関わり、水分代謝や筋肉に栄養を与える働きがある。
呼吸器系全般に関わり、「気」を体内に巡らせる働きや、皮膚の状態、水分代謝に関係がある。

 

 

東洋医学の「腎」とは何?

腎というと西洋医学になれた我々は「腎臓」を思い浮かべます。
しかし、漢方の世界でいう「腎」は臓器だけではなくもう少し広い意味を持ちます。

「腎」は内分泌系、泌尿器系、生殖までを含んだ「エネルギー体」として捉えた呼び方だと考えて下さい。

すなわち、腎には 「精気=生命エネルギー」 を蓄えるような役目があると捉えるのです。そしてその精気を有効に活用するのが腎の働きです。

腎と水との関係

「腎」は「水」を支配するとされています。「水」はその性質上、力が加わらなければ特に動かないものです。

冷たくて、じっとしているのが「水」の性質です。

そのため「腎」が支配している「水」に影響が起きると、トイレが近くなったり、むくみが出たりすると考えられています。

特に、「水」を支配している「腎」が弱りやすいのが「寒い時期」、「夜」です。
水はそもそも冷たいもの。でもその水がさらに冷えてしまうと、いろいろなトラブルが起こってきます。

冬の寒い時期や、夜になるとトイレが近くなりやすいですよね?
手足が冷えて、寝つきが悪くなると、睡眠不足になり、さらに精気を失うという悪循環にも陥りかねません。

外から温めても、温めても冷えが取れないという方は「腎」の働きが弱っている可能性があります。
内側から改善しないと根本的な解決に繋がらないとお考えください。

腎は体のあらゆる部分と関係している

全身にめぐっている体液。その体液や尿をコントロールする働きが「腎」にあるのです。また「腎」は体液との関連で体温調節にも関係しています。

当然、涙の量の減少、「ドライアイ」にとっても「腎」が重要であることを、連想していただけることでしょう!

「ドライアイ」が進行するということは、「腎」のエネルギー低下と関連があります。「腎」のエネルギー低下は、当然、老化や免疫力低下に繋がります

「ドライアイ」は、全身の問題の先行指標とお考えください。

目薬で目の渇きを一時的に対応しても、「腎」のエネルギーを増やすことには繋がりません。

髪の毛とも関連!

「腎」は毛髪とも関係があると言われています。

白髪が急に増えたり、抜け毛が増えたとときは、腎に蓄えていた精気が損なわれているサインかもしれません。

強いストレスを感じている人や疲労が重なっている人が突然白髪になってしまう、マンガなどでもよく見られるシーンです。 あるいはストレスで抜け毛が急激に増えるというのも、マンガネタになっておりイメージしやすいと思います。

いわゆる老化で髪に変化が現れるのは、「腎」のエネルギー低下、「腎虚(じんきょ)」と呼ばれる生命エネルギーの低下と捉えられています。

髪を染めずに白髪を治す 漢方薬が有効?

「恐怖」の感情とも関連

強い恐怖で失禁する、これもイメージしやすいかと思います。

また、腎は「生殖」にも大きく影響しています。不妊にも関係があります。
ホルモンも体内の水分の1つと考えれば、腎が影響しているというのは理解できるでしょう。

腎が元気ならば精気に満ち溢れ、生き生きとした生活を送ることができます。

子孫を残すためにも、日々元気に過ごすためにも「腎」を養うことは非常に大事なことです。

「ドライアイ」と「不妊」が関係する??

ドライアイは今では小学生から生じています。日々、眼科診療をしていて小学生のドライアイが珍しくなくなっていることに愕然とします

小学生ですでに「腎」が弱っていると考えられるのです。

「腎」は生きていくために重要な「精気=生命エネルギー」の貯蔵、コントロール・ターミナルです。

 特にお母さん方には、ご自身も含めて、お子さんの「腎」を養う生活を心がけていただきたいと思います。

現在の日本では「低欲望」の若者が増えていると言われます。

私の実感としてもその通りで、「クルマ」は言うに及ばず、「家」もいらない(借りればよい、シェアハウスや場合によってはネットカフェでも大丈夫という若者も・・・)、異性も不要(異性の相手はメンドクサイ、一人がラク・・・)、豪華な食事も不要(コンビニ弁当で十分・・・)、休日も外出するのはカッタルイから家に引きこもり、などという20代が増加しているように感じています。スマホ一つあれば、常に何かと繋がっていられるように感じて満足してしまう・・・。

バブル時代に育った我々としては、信じられない日本人の意識変化です。

ドライアイが増える、「腎」の衰えが若くから始まっている問題の表れと考えます。

実際、「腎」が衰えることと「不妊」で悩む方が増えていることは無関係では無いでしょう。日本の人口が増えることは、益々難しくなっていくのかもしれません。

あなたの「腎」大丈夫ですか?

自分に自信がなく新しいことが始められない、

気力がなくすぐにくじけてしまう、

何をするにも不安でいっぱい、

面倒なことを避けて閉じこもり気味、

何かに対して恐れを抱いている、

このような感情をお持ちではないでしょうか?

誰にも悩みがあり、元気な時ばかりではないものですが、上記の質問項目は「腎」のエネルギー状態を表していると言えます。

上記の中の項目の一つても当てはまる方は、既にドライアイを起こしているかもしれません。

腎の状態は表情にも!

また、前述のような感情は顔をみても、現れてしまっています。

例えば目の下のクマが気になる人。

またはクマがなくても目の下をトリートメントするとゴリゴリしている人。

腎経が滞っているとも言えます。水の調節がうまくできてないことで、このような表情に繋がっている可能性があります。

気になる目の下のくま 睡眠不足だけが原因?

。。。。。。。。。。。。。。。

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

https://ogurikinshi.com/nagoya/ophthalmology/sp_hospital

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(愛知、名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

 

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。