専門医のコラムDr's Column

11

30

2017

緑内障の患者さん必読! 「緑内障 失明の不安を吹き飛ばせ!!」

アマゾンより「緑内障 失明の不安を吹き飛ばせ!!」紙書籍が販売されています。

購入された方、書籍に挟み込まれているクーポンハガキをご持参ください!

高濃度水素吸入療法を名古屋院(20分 2000円+税)、長浜院(30分 3000円+税)、それぞれで無料体験していただけるクーポンです!

・・・書籍代 1000円+税 ですので、そのお得度が分るというもの!!

緑内障に限らず、精神疾患まで含めた改善効果が得られると医学研究が進んでいる高濃度水素療吸入療法! 緑内障でお困りの方にはお勧めいたします。書籍をご購入いただき、その特典として是非一度、高濃度水素吸入をご体験ください。

アマゾンでのご購入は以下のリンクからどうぞ!

緑内障 失明の不安を吹き飛ばせ!!

YouTube でも配信中

以下をご参照下さい。電子書籍の、上、中、下巻の一部をご紹介しています!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 上巻

「緑内障は眼圧が高くなって、視神経が痛み視野欠損が生じる病気」とされていました。しかし、この定義が現代の日本人には当てはまらなくなっています。眼圧が正常である、「正常眼圧緑内障」が緑内障の7割以上を占めているからです。
緑内障の多くは「原因不明」と言われています。保険診療では眼圧下降治療のみしか行われません。「原因」への治療がほぼ放置されていることが特に「正常眼圧」緑内障の不安を助長しているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 中巻

上巻で緑内障とはどのような病気かをご説明しました。
緑内障とは、何らかの原因で視神経が傷んで行き(視神経萎縮)、物を見る視界(視野)が悪化する病気です。ではどのような原因があるのでしょうか?
中巻では、患者さんが疑問にもたれる「よくある質問」をもとに、Q&A形式でご説明させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 下巻

この巻では、 いよいよ治療法についてお伝えいたします。 特に、 保険診療での眼圧下降治療、 およびその限界についてまずは説明いたします。 保険診療は「 対症療法」 であり効果に 限界があります。 「根治治療」を希望される方は毎日自宅でも可能な対処方法、治療法を本書 からご活用ください。 少しの生活習慣の工夫で緑内障の予防や治療に繋がる可能性が高いのです。

。。。。。。。。。。。。。。。

愛知、名古屋院ではスマホ診療を始めております! 予約方法はコチラ!

https://ogurikinshi.com/nagoya/ophthalmology/sp_hospital

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(愛知、名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。