専門医のコラムDr's Column

11

29

2017

近視治療は自費診療、眼内コンタクト(ICL)費用は 高いの?

近視、遠視、老眼、乱視はいずれも検査は診察は保険診療で対応可能です。

しかし、白内障手術以外の裸眼視力を良くするための対応は全て自費診療となるのが現状です。

メガネ、コンタクトレンズも自費

多くの方が使用される、「メガネ」、「コンタクトレンズ」の購入は保険診療の対象とならないことは皆さんご存知でしょう。

そのため、メガネ屋さんでメガネを購入したり、コンタクトレンズも販売店やインターネットショップで購入されていることと思います。

実は、「視力矯正手段」は全て個人個人の負担で行っているのです。

レーシックや眼内コンタクトレンズも自費

そのため、近視手術の代表であるレーシック、次世代治療と言われる眼内コンタクトレンズも自費での治療となります。

視力回復コンタクトレンズも同様です。

では最も治療費が高いとされる眼内コンタクトレンズ(ICL)は果たして高額なのでしょうか?

実はICLはコンタクトレンズに比べると圧倒的に安く安全な裸眼視力回復方法なのです。

眼内コンタクトレンズ、ICL(アイシーエル)の費用は高い?

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。