専門医のコラムDr's Column

11

26

2017

生理的飛蚊症 自分で治せる!?

先日よりお伝えしている「(生理的)飛蚊症」。

実体は眼内の透明な「硝子体」のタンパク質変性による「硝子体混濁」です。

そのタンパク質変性を生じる原因が、”血液のサビ” とも呼ばれる「活性酸素」です。特に活性酸素の中でも、”悪玉”活性酸素の増加が問題となります。

硝子体混濁の減らし方については以下のコラムをご参照下さい。

飛蚊症は治せる!?

結局、悪玉活性酸素を減らすには食事と水が大切なのです。

ところが「食事制限」には多大な苦痛を伴い、続けられない方が多いことは多くの方が経験(?)されているのではないでしょうか?

そのため食事制限をせずに、精神的ストレスをかけないように悪玉活性酸素を減らすことが出来れば良いのに・・・!? そんな都合の用意方法があるのです!

その日に出来た悪玉活性酸素を、可能な限りその日に無毒化する方法として、「高濃度水素吸入療法」をお勧めしています。

高濃度水素吸入療法

当院では、高濃度水素吸入器機のレンタルも開始しました。ご家庭に一台あると、ご家族全員で使用して毎日継続していただくことが可能です。コンパクトサイズで持ち運びが可能なため、リビングルームや寝室等、どこでも使用できます。

通常、水素濃度3%程度の高濃度水素吸入は10分あたり1,000円相当の治療費用です。小栗は毎日睡眠中に120分使用していますので、一日1万2千円相当の費用、月に20日行うとすると、一か月 ”24万円” もの費用となる計算です・・・。

これがレンタル費用、月3万円以内で時間制限なく使い放題というのは、とても割安な治療方法だと思います。

ご興味をお持ちの方は当院のスタッフへ遠慮なくお尋ねください。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。