専門医のコラムDr's Column

2

9

2015

白内障手術で死亡リスク4割減

米国眼科学会での発表

米国眼科学会(AAO)は2013年9月4日、白内障手術を受けて視力障害を矯正すると、手術しなかった場合より死亡リスクが40%低く、長生きという研究結果を紹介し、AAO機関誌Ophthalmologyに掲載されました。

本研究は、高齢オーストラリア人を対象とした視力と一般眼科疾患に関するコホート研究Blue Mountains Eye Studyのデータより、白内障関連の視力障害と診断された49歳以上の被験者354人を1992年から2007年まで追跡、手術を受けた人と受けなかった人とを比較しました。

過去の研究でも、視力障害のある高齢者は死亡リスクが高く、白内障手術によりリスクが軽減する可能性を示されていました。今回の研究は、日常診療において白内障患者の視力障害を正すことは、それ以上の転帰改善につながり、健康全般に重要な影響を与えることを眼科医に示唆すると、筆頭研究者のJie Jin Wang氏は述べています。

「白内障手術を受けなかった被験者は、他に健康問題を抱えていたため手術を受けることができず、そうした健康問題のために予後不良であった可能性もある」とWang氏は注意しています。この問題は今後の試験で取り扱われる予定です。

視力障害を矯正するとなぜ死亡リスクが軽減するのかは明白には理解されていません。「身体的感情的に安定する」「楽観的になる」「独立した生活を送れることが大きな自信になる」「服薬遵守が高まる」などの理由が考えられています。

つまり、白内障手術すると長生きするかも

当院の患者さんでも、白内障手術後に生活が活発になり元気を取り戻した方が大勢おられます。目は外からの情報の80~90%をカバーしていると言われるわけですから、視力の質が上がれば、「人生が変わる」というのも当然と言えば当然ですね。

当院は先進医療施設認定を受けており、「多焦点眼内レンズ」を使用した白内障手術のご希望者も多く、近視や遠視の改善だけでなく、老眼も一度に治すことが可能です。70歳を超えた方でも、10分ほどの手術でメガネがなくても遠くも近くも良く見えるようになります。術後、まるで身体が若返ったように実感され喜ばれています。「第二の人生を頂きました!」と、うれしい言葉をいただけることもあり、職員一同仕事へのやりがいにつながっています。

今回のようなデータも踏まえ、引き続き皆様の人生に貢献できるよう、スタッフ一同全力を尽くしていきたいと思います!

ophtec

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。