専門医のコラムDr's Column

10

29

2017

運動不足の問題

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

運動不足の問題・・・

チヤコ: 「食に気を付けても、それだけでは不足・・・と、小栗ドクターは言っていますね!」

O:   「われわれの全身の筋肉は必要があって存在していると考えます。あるものは使わないといけません! 使うべきものを使わないことも問題を起こします。機械も使わないとサビついてしまうようなもので、われわれの筋肉も使わないと “サビついて” しまうのです。」

チヤコ: 「肩コリが代表例ですね! 運動する方が、アトピー症状が軽快することも知られています。」

20代女性、9割が「運動せず」…厚労省調査

O:   「デスクワーク主体の現代生活では、圧倒的に筋肉を使っていません。意識しないと、身体の多くの筋肉が使われていないのです。そのため私はヨガなどで日常使われていない筋肉を動かすことを患者さんに勧めています。

眼球も同じで、意外と目の筋肉は使われていないようです。子供さんの近視の進行には、この目の “運動不足” が大きく影響していると考えられます。大人でも以下の体操をすると、目がスッキリする感覚を得られるでしょう。使っていない筋肉に、適度な刺激を与えると活性酸素の軽減、”コリ取り” に繋がると考えます。」

目の筋トレ! イルカロゴ追視トレーニング

////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。