専門医のコラムDr's Column

10

26

2017

タンパク質は不足しない?

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

ではタンパク質はどうしたら良い?

チヤコ: 「あれもこれもアトピーに良くないとなると、何からタンパク質を摂ればいいの、と患者さんから悲鳴が聞こえてくるでチャコ!」

O:    「答えは簡単です。心配いりません!」

チヤコ: 「???」

O:    「動物性タンパク質を摂らない我々人間の仲間がいます。」

チヤコ: 「哺乳類の仲間でチャコか?」

O:    「そうです! サルやゴリラ、象、牛など、動物性タンパク質を摂らない哺乳類は多いですね。」

チヤコ: 「確かに! サルは草食系だけど、素早い運動神経を持ってるでチャコ! 象も草しか食べていないのに、あの巨体でチャコ!」

O:    「草食性動物では、動物の肉を食べなくてもタンパク質は不足しません。ましてや、魚貝類、それに味噌、納豆という日本の発酵を通した伝統的大豆製品があれば十分です。昔の江戸時代の農民食でもタンパク質は不足しなかったのですから!」

チヤコ: 「白米にもタンパク質が含まれていると先ほど教えてもらったでチャコ! 100グラム中に、タンパク質が6グラム以上含まれている!」

O:    「日本人は米からもタンパク質を補っているのです。 十分すぎるくらいです。心配する必要はまったくありません。それよりも、むしろタンパク質の過剰摂取をしないように注意が必要です。」

チヤコ: 「タンパク質の摂りすぎ注意の繰り返しでチャコ!」

O:    「参考までに、動物性タンパク質だからと納豆の食べ過ぎも良くないのです。週に2、3回くらいにして下さい。 理由は確定されていませんが、”ネバネバ” が強い食べ物は、例えば、オクラなども、頻繁に食べると、アトピーの悪化に繋がるようです。」

チヤコ: 「草食系になるでチャコ!」

O:    「でも世の中、肉食にあふれていて、自分だけ我慢しているのはストレスになることもあるでしょう。一つの解決策は運動です。」

チヤコ: 「運動でチャコか!」

O:    「運動はカラダの毒出しに有効です。代謝を良くすることで悪いものを排出する方向へ働きます。非常に運動量が多く、汗を頻繁にだす人は、症状がよくなるにつれて、週に一、二度は肉食(できれば鶏肉)や卵は大丈夫でしょう。」

チヤコ: 「運動すれば肉食できるでチャコ!」

O:    「そうです! 何も食べられないとなると、精神的ストレスになり、かえってアトピーに取ってよくないですから! 食べたければ動きましょう!!

コラムで何度もお伝えしていますが、野菜と果物だけで人間が問題なく生きていけることを、以下のリンクをご参照ください。」

あなたの目の為に、ナチュラル•ハイジーン!

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。