専門医のコラムDr's Column

9

21

2017

消化の負担を減らす!

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

消化の負担を減らす!

チャコ 「『Charcoal チャコール(炭)』と『Snell シェル(貝殻)』のコンビには、秘められた効果があるのですね!! 僕って凄いでチャコ!」

O   「我々の身体は食べたもので出来ている、意外とこの点が忘れられています。これは食事だけではありません。水も、薬も、サプリメントも、口から体内に入れるもの全てです。」

チャコ 「・・・そうでチャコか~。」

O   「『アトピーの食事療法は、正しい食習慣、過食を避け、偏食せずに一日3食規則正しくバランスのよい食事をとること。毎食「主食」、「主菜・たんぱく質の多いおかず」、「副菜・野菜料理」が食卓にそろうようにする』 と指導を受けることが多いようです。

私はこの食事療法に賛成しません。胃で長時間滞留する食物は消化器への負担が大きく、身体の免疫力に影響するからです。」

チャコ 「胃での滞留時間が長くなると、消化に負担がかかって大変なことは自分たちの実例で良くわかるでチャコ。

O   「同じ食べ物でも、量が多いと胃に滞留する時間も長くなります。食べ過ぎていつまでも胃がつかえた感じがすることを多くの方は経験されているでしょう。例えば、牛乳の胃での滞留時間は、75mlでは1時間15分、200mlでは2時間、400mlでは2時間30分と言われています。」

チャコ 「ということは、なるべく消化の良いもの、胃での滞留時間が短く、量も控えめに食べると良いでチヤコ?」

O   「食べ物の胃内での滞留時間は以下の如くです。

20分~30分・・・・・果物
果物は、消化にほとんど時間がかからず、果物自体に食物酵素が豊富に含まれているので、人間のもつ体内酵素も無駄使いしない食べ物。

1時間~2時間・・・・・・野菜
野菜も、消化にあまり時間がかからず、食物酵素を豊富に含んでいます。

2時間~4時間・・・・・炭水化物
炭水化物(米、パン、パスタ、麺類、調理済みのイモ類)の消化には、時間がかかります。でんぷん質を分解するための酵素が必要になります。

4時間~6時間・・・・タンパク質
タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、木の実、種子類)の消化には、最も時間を要しますタンパク質を分解するための酵素が必要です。」

//////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。