専門医のコラムDr's Column

8

29

2017

重金属 PM2.5で血圧上昇の医学報告①

PM2.5とは何でしょうか? 以下、政府広報オンラインサイトからの引用です。

<<<<<<<<<<<<<<<

微小粒子状物質「PM2.5」とは

PMの大きさ(人髪や海岸細砂)との比較(概念図)
出典:米国EPA資料

大きさ
PM2.5は直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子です。PMは「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとった言葉です。

成分
炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。

主な発生源
(1)物の燃焼などによって直接発生
・ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設
・鉱物の堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設
・自動車、船舶、航空機
・土壌、海洋、火山の噴煙など自然由来のもの
・喫煙や調理、ストーブの使用など家庭から  など

(2)様々な物質の大気中での化学反応によって生成
・火力発電所、工場や事業所、自動車、船舶、航空機などから燃料の燃焼によって排出される硫黄酸化物、窒素酸化物
・溶剤や塗料の使用時や石油取扱施設からの蒸発、森林などから排出される揮発性有機化合物 など
⇒これらのガス状物質が大気中で光やオゾンと反応し、PM2.5が生成されます。

お住まいの地域のPM2.5濃度を知りたいとき

PM2.5濃度は、地域によって差があります。お住まいの地域のPM2.5濃度が知りたいときは、以下のサイトをご覧ください。

別ウインドウで開きます大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

PM2.5をはじめ、二酸化硫黄(SO2)や浮遊粒子状物質(SPM)などの大気汚染物質濃度の速報値を公開しています。

※そらまめ君に掲載されているデータは、速報値であり、確定値ではありません。

別ウインドウで開きます携帯サイトはこちらからご覧になれます。

各都道府県のPM2.5関連情報サイト

別ウインドウで開きます環境省ウェブサイトから各都道府県のページへ

<<<<<<<<<<<<<<<

重金属だけがPM2.5 の成分ではありませんが、これまでお伝えしたように様々な重金属が多種多様な疾患の原因になっています。当然、PM2.5 のさまざまな成分が我々の病気に関係している可能性は高いと考えられます。

眼科での失明上位疾患、緑内障加齢黄斑変性との関連も私は疑っています。

///////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。