専門医のコラムDr's Column

2

9

2015

寝るだけ視力回復!

『じぇ、じぇ、じぇ、じぇ、じぇ〜!!』 とあまちゃんが“じぇの5連発”で叫びそうな話ですね。私も医学部や日本の眼科医療でそのような治療を学んだことはありませんでした。

寝るだけ視力回復!

私がこの治療を知ったのはアメリカへ留学していた1999年頃、オプトメトリストのドクター達がコンタクトレンズを寝るときにつけさせて近視を治療していると耳にしました。

s200208mini

アメリカの眼科医療はオプトメトリスト(日本では『検眼医』と訳されますが、医師です。主にコンタクトレンズの扱いをする眼科医と考えてください)、しかし、当時はアメリカの眼科医(オプトメトリストに対して、手術を行うのがアメリカの『眼科医』です)の学会にも、日本の大学病院関係者もその治療を行っている人が見当たりませんでした。というのも緑内障の研究をしていた私にとっては『近視治療』は興味のわかない優先順位の低いテーマで、『なんかケッタイな治療があるんかいな』位の認識で、特に勉強するつもりがなかったのです。

ところが2000年に全身の滞りを解消する施術治療を体験し、ドライアイや視力の改善を実感しました。当時は身体の『帯電除去』という表現をしていましたが、現在の言葉で言うと『活性酸素除去』と言う方がしっくりするかと思います。

身体の改善のおかげで視力が上がったのか、近視そのものの改善かどちらかは判断が難しいですが、『目が楽になる』 視力改善体験でした。当時、私は-4.0ジオプターほどの近視で裸眼視力は0.08〜0.06くらいだったと記憶しています。改善と言っても0.5 位までで車の運転には不足するためメガネは使用していました。近視の屈折値はほとんど変化が無かったので、眼科的には『近視は改善していない』となるのですが、自覚は確実に良くなっていました。

こうした場合、『一時的に目が潤って見やすくなったんだろう』 と眼科医は考えます。しかし、その視力が数週間に渡って継続したのです。一時的なドライアイ解消による視力改善ではなかったことは明らかです。
この『近視改善』体験で、視力改善が身体にとってストレス減少になることが分かりました。そのため自分の中で 『近視治療』 の優先順位が上がりました。さらに視力を上げたいと考えるようになりました。

自分で試したオルソケラトロジー

当時日本ではオルソケラトロジーは全く知られていませんでしたが、手術せずに『屈折値』をかえる治療を本格的に行うことにしました。おそらく私は日本の眼科専門医でオルソケラトロジーを自身で行った最初の一人ではないかと思います。自分のコンタクトレンズのフィッティングを確認できる眼科医がいなかったため、鏡を見て自分でオルソケラトロジーレンズの合わせをしました。
そして本当に 『寝るだけ視力回復』 を確認しました。
それ以来、約15年に渡って私の近視は屈折値も含めて改善しており、夜の車の運転も眼科手術も裸眼で行っています。趣味の水泳や海で泳ぐときも裸眼の快適さを実感しています。

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。