専門医のコラムDr's Column

6

29

2017

ナチュラル•ハイジーン ストレスの少ない食事療法

われわれの身体は食べたものでできています。すなわち「水」、「食」です!

水については、例えば私は流行りの水素水ではなく、蒸留水をお勧めしていることはすでに述べてきたとおりです。

水素水どうなの?

蒸留水とはどのような水か、以下のコラムをご参照ください。

その水、大丈夫?

水を変えることには多くの方は抵抗は少ないです。ガマンをする必要がないからでしょう。むしろ、蒸留水を使って調理をすると食事がおいしくなるなど、積極的に蒸留水を使うことで満足感に繋がりやすいのです。

しかし「食」に関しては、「食べたいものをガマンできない」と多くの方は言われます。これはコツをつかんでいないためだと考えられます。一気に食事制限をすると無理がたたって長続きしません。

また、せっかく節制していたのに、ガマンの反動で過食になるかたも!? いわゆる「リバウンド」ですね。

そこで食に関しては少しづつ切り替えることをお勧めします。

しかし、全体的な食への考え方を身に着けていただき、まずは一点から始めると良いでしょう。1週間続けて、その一点に抵抗がなくなったら、第2弾(二点の変更)へステップアップ。さらに1週間後に、第3弾開始! このように段階的に食の癖をつけていくのです。

食事管理の全体の方向性を把握するという意味で、以下のコラムを是非ご参照ください!

あなたの目の為に、ナチュラル•ハイジーン!

////////////////////////////////////////////////////////////////

名古屋おぐり眼科 ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

長浜おぐりクリニック ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。