専門医のコラムDr's Column

5

24

2017

ウェーブフロント・ガイデッド・レーシック

一人一人個別の角膜の形に対してオーダーメイド的なレーザー照射をする技術が第三世代レーシックです。

ウェーブフロント・レーシックには2種類あります。混乱を招きやすい部分です。

ウェーブフロント・ガイデッド・レーシック(Wavefront-guided Lasik)

一人一人の左右それぞれの眼だけにレーザー照射を行うプログラムを作成する方法です。レーザー照射はそのオーダーメード・プログラムで行います。

仮に同じ近視、乱視の強さであっても一人一人、あるいは左右眼でレーザー照射量や部位が異なり、レーシック手術における不正乱視(収差)の発生を最小限に抑えることができます。第2世代レーシックまでの問題点で、「裸眼視力が1.5 出ているのに見え方がスッキリしない」といった術後の不満の訴えは、収差が大きくなったり残ってしまうことが原因となっていた場合があります。

詳しくはこちらをご参照ください!

以下に、ウェーブスキャンの機能を上回る「iDesign(アイデザイン) アドバンストウェーブスキャン」での角膜形状解析の様子を配信しております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。