専門医のコラムDr's Column

4

12

2017

糖尿病網膜症 一般治療

糖尿病網膜症は、発症してしまうと完全に治すことが困難な病気です。目の中の光を捉える網膜(カメラのフイルムに例えられることが多いです)があたかも食べ物が腐るかのように壊れて行くからです。

単純性網膜症の段階ですと、全身的な糖尿病管理をすることで網膜に生じている出血が改善すれば大きな後遺障害を残さずに治ることが出来ます。

しかし、前増殖網膜症の段階に入ると、既に網膜が「腐り始めた」ために正常な状態の戻ることは困難とされています。

続きは以下をご参照下さい!

糖尿病網膜症 年末年始、食に注意!

 

糖尿病網膜症 治療法

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。