専門医のコラムDr's Column

5

27

2015

レーシック後、老眼への対応

おぐりクリニック長浜院では、遠視、老眼(視)に対する手術Conductive
Keratoplasty(伝導式角膜形成術:以下CK)を行っております。

角膜周辺部表面に高周波エネルギーを加え角膜周辺部を収縮させ角膜中央部のカーブを変えることにより、近方視力を向上させ老眼を治療します。

CKの原理(角膜中央部のカーブが急になる

CKの原理(角膜中央部のカーブが急になる)

人間の角膜はもともと非球面(中心と周辺のカーブが異なっている)の“多焦点レンズ”となっており、この差が大きい方は高齢になっても近くが比較的良く見えているようです。

この手術は人為的に“多焦点レンズ”を強めて、近くを見やすくします。

本治療法は米国Refractec社製のView Point CK
systemを使用しておこないますが、本手術の施行には規定の研修を含む厳しい条件が課せられております。小栗が認定を取得しております。しかし、Refractec社が倒産して消耗品供給が途絶えてしまい今後施行出来る人数が限られてしまいました。

現在では多焦点眼内レンズで老眼治療が可能なのですが、CKは白内障手術にはまだ早い方が対象となります。

詳しくはコチラを参照下さい ⇒ http://k2wp.orlandok2.com/oguriclinic/enshi/

白内障術後に近くが見えなくなりお困りの方にも有効です。

 

 

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。