専門医のコラムDr's Column

3

4

2017

白内障 手術治療で治ります!

白内障は点眼薬や内服薬では治りません。水晶体のたんぱく質が濁って固くなるのが白内障です。丁度、卵の白味がゆで卵になると白くなるようなものです。ゆで卵の固まった白味を透明には戻せません。白内障を治すことは、民間療法や代替医療でも難しそうです。現在の医療技術では手術以外では視機能回復は無理だと考えます。

10分足らずの無痛手術で視力は回復します。あれこれ悩むより、視力低下で運転免許等、生活に支障を来した場合は早めの手術をお勧めします。

白内障手術

001

痛み止めは、通常目薬の麻酔だけです。針をさしたりしませんので、麻酔も痛みがありません。

目薬の麻酔は1分ほどで痛み止め完了です。

傷からの細菌の感染を防ぐために、最初に目を洗います(洗眼)。この洗眼液が多少しみる場合はあります。

洗眼が終わると手術を開始します。

3mm 以下の小さな切開を黒目(角膜)の淵に作ります。その小さな切開創から細い器械を眼内へ挿入します(超音波チップ)。濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工レンズ(眼内レンズ)を移植します。(超音波水晶体乳化吸引術)
白内障が進行して、水晶体の核が固くなっている場合は、核を丸ごと取り出すこともありますが、ごくまれです。(水晶体嚢外摘出術)
超音波水晶体乳化吸引術で手術を行う場合は、手術時間はおおよそ10分です。
水晶体嚢外摘出術が必要となった場合は、1時間ほどかかります。
手術時間の違いからも白内障があまり進行しすぎない内に手術を検討される方が、負担が少なく手術できることをご理解いただけると思います。
車の運転をされる方が多い現在、運転に必要な視力0.7程度に低下した場合は運転を続けるために視力回復治療が必要です。白内障が視力低下の原因の場合は、この視力が手術適応の目安となります。
また、上記の所要時間はあくまでも目安であり、眼の状態により異なりますので、受診頂き担当医師にお尋ねください。

白内障術後、より良い視力の為に

宇宙飛行士、戦闘機パイロットにも認可
『アイデザイン•アイ•レーシック® ( iDesign iLASIK) 』

『アイデザイン•アイ•レーシック』は世界各国で200以上のクリニックを有する世界最大の屈折矯正専門クリニックであるオプティカルエクスプレスグループの膨大な実績データから導かれた最適な照射プログラムに基づいた治療です。
当グループではレーシックの最高峰として プレミアム•アイデザイン•レーシック と呼んでいます。

白内障術後の乱視や眼内レンズの屈折誤差、特に多焦点眼内レンズを希望される質の高い裸眼視力を求める方には、プレミアム•アイデザイン•レーシックは必須とも言える治療です。既に、白内障術後にこのレーシックを追加して視力の向上にお喜びいただいている患者様が増えています!

他院で白内障手術を行った方でも、更に質の高い視力をお望みの方は是非プレミアム•アイデザイン•レーシックをご検討下さい。

*:患者さんの目の状態によって、プラミアム・アイデザインレーシックができない場合もあります。その場合は、他の治療方法をご提案させていただきます。

詳しくは当院の白内障サイトをご参照下さい!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。