専門医のコラムDr's Column

1

4

2017

お正月の食べ過ぎの味方 『桑葉青汁』 ~ 高血圧、糖尿病対策に!

新年あけましておめでとうございます! 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、今年は太平洋側ではお天気に恵まれた三が日でしたね。初詣などお出かけ日よりでしたが、お正月料理を食べすぎて体重が心配、なんて方も多いのでは!?

頂き物の「御餅」を、折角頂いたものを粗末にしては、と私もついつい食べ過ぎてしまいました。暫くはプチ断食の日々を送る予定です!?

さて、このように食べ過ぎの際、糖尿病のみならず血圧が気になる方にも、桑葉特有のDNJ(デオキシノジリマイシン)があなたの健康のお役にたちます。糖尿病や高血圧を予防、治療することが、目の重篤な失明疾患、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症対策にも繋がります。

何故か? 医学的に確認されている『桑葉』についてお伝えいたします!

桑葉青汁

当院隣接のコンタクトレンズ・オピュールで販売している医療機関専用商品 「桑葉青汁おいしい緑-D」 !

桑の葉に大麦の若葉と有胞子乳酸菌を加えた、おいしく飲みやすい細粒タイプの栄養補助食品です。お子様からご年配の方まで、野菜不足を気にする皆様におすすめします。更には、血糖スパイクを抑える効果から、糖尿病、高血圧の方にも効果が期待できるのです。

桑は養蚕のため日本各地で植栽されてきた植物ですが、古くは鎌倉時代から糖尿病予防効果がうたわれてきた素材です。研究の成果から、桑葉には糖の消化酵素に対する強い阻害活性があり、食後の血糖値上昇を穏やかにする効果が期待できることがわかり、糖尿病の予防につながるとして注目されています。

糖尿病予防のメカニズム

ごはん、パン、うどんなどの糖分は、食後、消化管で消化され、最終的に小腸上皮にあるαグルコシダーゼと呼ばれる酵素によってブドウ糖に分解されます。その後、吸収され、血中に移行するため、食後は血糖値が上がります。
私たちが普段食べている食物の中には、このαグルコシダーゼの働きを抑えるもの(αGIと呼ばれています)があります。αGIは糖の吸収を穏やかにすることから、糖尿病の予防効果が知られています。

桑には強いαGI作用があり、それは1-デオキシノジリマイシン(DNJ)と呼ばれる成分に起因します。DNJはブドウ糖ととてもよく似た形をしていて、αグルコシダーゼがDNJをブドウ糖と間違え、強く結合するためにαGI活性を示します(図1・2)。

DNJは桑に特徴的な物質で、身近な園芸作物では桑にしか含まれていません
被験者にDNJを高含有する桑葉エキスを食前にのませ、食後の血糖値の変化と毎食前の長期摂取による安全性を調べた結果、桑葉エキスは0.8g程度で、確かに食後の血糖値上昇を抑制することがわかりました。また、調べた範囲では深刻な副作用はみられませんでした(図3)。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

桑葉は漢方薬としても長い歴史をもっています。
桑葉青汁おいしい緑-Dは、この桑の葉を主原料にした粉末タイプの青汁。
桑葉の青汁は一般的なケールの青汁より有効な栄養成分がはるかに多く含まれて
おり今注目を集めています。本品は、使いやすいスティック状で、野菜不足に
なりがちな現代人の食生活に手軽な補助食品です。(1箱60本入)

税込価格         1箱4,320円         3箱12,000円

株式会社ピーエスの医療機関専用商品です

ご購入ご希望の方はオピュール長浜店へ電話でご注文いただけます。

オピュール長浜店   0749-65-2871

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。