専門医のコラムDr's Column

10

28

2016

コンタクトレンズ着用で進行する眼瞼下垂(小栗著、書籍より)

書籍『近視を治して 「生涯視力1.0」を実現する30の生活習慣』よりご紹介いたします

コンタクトレンズを長年使用していると「瞼の下がり」が気になってくることがあります。この瞼が下がる状態を、「眼瞼下垂」と呼びます。

眼瞼下垂は、年をとってまぶたの筋肉が衰え、たるみという形で現れることが一般的で した。そのため多くの方はこの眼瞼下垂を老化によるものと考えていますが、コンタクトレンズによる慢性炎症のため、最近は若い人にも瞼の下りが起こってきているのです。見栄えの問題だけではなく、身体の老化の進行にもつながります。

続きは以下の動画をご覧ください!

『印象の8割は目元で決まる』FM761 放送✨(YouTube配信)

アマゾンの「印象の8割は目元で決まる」書籍販売ページ(電子書籍 紙書籍に内容紹介が出ています。こちらも是非ご参照下さい!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。