専門医のコラムDr's Column

4

7

2015

舌の白い汚れ、がんの原因と関係あるってホント?

舌に出る身体のサインを見逃さないで!

舌出し

先日、「舌表面の汚れ(舌苔)の付着面積が大きい人は、アセトアルデヒドの濃度が高い」と岡山大学が発表しました。口の中のアセトアルデヒドは、口や喉のがんの原因になると言われています。つまり、舌苔とガンとが関連している可能性のあることが発表されました。

歯は皆さんよく磨いていると思いますが、舌のケアをしている方は意外と少ないのではないでしょうか?

舌苔の状態とケアをご紹介したいと思います!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆舌苔(ぜったい)とは何なの?どうしてできるの?
自分の舌がどんな色で、どんな状態かを見たことはありますか?朝、歯を磨くときにでも舌を見ることを習慣化すると良いかもしれません。
舌苔とは、舌の表面が、白色、黄褐色または黒色の苔状になることをいいます。舌の表面にある突起や、隙間に付着した食べカスや剥がれ落ちた粘膜細胞などのかたまりに、細菌が繁殖してうっすらと色が着いたのが舌苔です。
健康な状態だと、舌全体が薄いピンク色で、舌先と縁を除いた部分に、舌苔がうっすらと白く付いています。適度な量の舌苔は、水分の保持と健全な細菌の層を築いて、細胞や味蕾を保護してくれています。

◆身体の状態を反映する舌苔
舌苔は、唾液の分泌量、分泌液の状態、口腔内常在菌、体調などの影響をうけます。唾液腺は自律神経の影響を受け、内臓の状態を反映します。
また、胃粘膜の状態がよくないと、舌苔は一般に多く厚くなります。味覚や感覚を低下させて食欲を減退させ、食事の量を減らして胃腸を保護する働きがあるといわれています。さらに、唾液の分泌が少なく口の中が乾燥しているときや、体調不良などで免疫力が低下していると細菌の繁殖が進み、舌苔も増えて、口臭の原因となります。

◆異常な舌苔とは
白色や黄褐色の舌苔は、身体が疲れたときや代謝が悪いときに現れます。風邪や高熱、口内炎が出ているときに多くみられます。自律神経の乱れでも現れ、不眠や精神的なストレスがある時によくみられます。タバコの吸いすぎ、慢性胃炎、消化不良、便秘、胃下垂、脂肪肝、アレルギー疾患、婦人科系の疾患などの可能性もあります。日常生活を規則正しくして、暴飲暴食をせず、冷たいものやアルコール、喫煙を控えること、消化の良いものをとり、胃を休めましょう。
また、黒色の舌苔は、抗生物質を長期間服用していると生じます。これは「黒毛舌」と呼ばれていますが、舌が黒くなったからといって勝手に内服を止めるのではなく、医師に相談して下さい。

◆舌苔がまったくなくてもよくない
舌苔がまったくない状態も、呼吸器系の疾患か栄養状態が悪い、代謝機能の衰え、むくみが慢性化しているなどの可能性があります。。
冷たいものや生ものは避けて、栄養バランスのとれた食事を意識して摂り、鉄分やミネラルを積極的に摂取して下さい。

◆舌苔を取り除く方法
舌苔に気がついて、歯ブラシなどでゴシゴシ舌をこすったりはしていませんか?これは、舌にある味蕾という味覚センサーを痛めてしまうことになりますので止めてください。舌苔を取りすぎてしまうと、かえって口臭がひどくなってしまう場合もあります。舌用専用ブラシをお勧めします。
お手軽な舌苔の取り方は、舌を上顎に押しつけて、舌表面をゴシゴシこすりつけることです。舌苔を取りすぎることがなく、舌を傷つけることなく舌苔を除去できます。
また、ハチミツを小さじ一杯、舌に乗せて転がします。ハチミツにはタンパク質を溶かす性質があるので、舌苔も溶かしてくれます。

◆舌の状態は身体のサイン
舌が白いのは、身体が発している何らかのサインです。食生活や睡眠時間、運動、ストレスなどの日常生活を見直して、身体への気配りをしてください。

目に限らず、身体のあちこちに様々な身体の不調サインは出てきます。見落とさずに、ご自身の体調管理に身体のサインをお役立て下さい!!  転ばぬ先の杖なのです。

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。