専門医のコラムDr's Column

2

3

2016

コーヒーは身体に良いの? その③

長浜院隣接の「カフェ・オピュール」では蒸留水で抽出した本格イタリアン・エスプレッソをご賞味いただけます!  

診察の際にお渡しする「コーヒー・チケット」もご利用いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日からのカフェインに関しての説明を続けます。

高血圧や糖尿病は、コーヒーやカフェインの摂取量を減らすべき?

カフェインをまったく摂取していない人がカフェインを摂取すると血圧が上昇します。しかし、摂取後1週間以内に血圧の上昇は顕著に表れなくなります。

数週間継続的にカフェインを摂取した場合は、血圧の上昇が少し残る場合があります。

ですが、もともと高血圧ではなく正常血圧のかたでは、カフェインは血圧に影響しません。ケースバイケースとも言えますので、高血圧で血圧のコントロールに悩んでいる場合は、カフェインなしのコーヒーを試してみてはいかがでしょうか? 血圧に良い影響があるかどうか、ご自身の体質での確認をお勧めします。

最もコーヒーの抗酸化作用は、高血圧を起こした原因の一つである「動脈硬化」には良い効果が期待できると考えますので、砂糖やクリームは控えたブラック・コーヒーはお勧めと言えるでしょう。

この理由から、冬場に多い失明疾患の一つ、「網膜静脈閉塞症」を生じた方にはブラック・コーヒーは再発予防に有効と考えます。 出来れば余計な重金属等の不純物の入っていない蒸留水」を使うことをお勧めするのは言うまでもありませんね (笑)!

糖尿病に関しては、カフェインに関して議論が混在しています。多くの研究で、カフェイン入り、カフェインなし、どちらのコーヒーを多く飲む人も、2型糖尿病のリスクが低いと報告されています。

ところが急性期(症状が比較的激しい時期)は、カフェイン入り/なし、どちらかのコーヒーを飲んだあとにブドウ糖を多く含む食品を摂取すると、インスリンの感受性(インスリンの効き具合)が下がり、血糖が予想以上に上がります。コーヒーが影響しているのか、急性期だから血糖上昇が生じるのか、判断が難しいところです。

急激な血糖変動が生じると、失明上位の糖尿病網膜症が発症しやすいことが知られていますので、上記の結果からは積極的には糖尿病のコントロールの芳しくない方にはコーヒーを積極的にはお勧めしません

これまでに、コーヒーの摂取と、血糖のコントロールに関する長期経過を観察したデータはありません。ただし、糖尿病の人で、血糖のコントロールに悩んでいる場合、カフェインなしのコーヒーを試してみて、血圧と同様、血糖によい影響があるか確認してみてください。カフェインあり/なしの両方を同時に止めるより、カフェインありからなしにスイッチしてみてください。カフェインなしのコーヒーが血糖の反応を抑えたという報告もあるのです。

但し、砂糖やクリームは控える、「ブラック・コーヒー」が基本であることはもう理解いただいているでしょう。

コーヒーでパラドックスが起きる理由は?

カフェインそのものが健康に与える影響と、カフェイン入りコーヒーとが同様に語られるケースが多いことも混乱の要因でしょう。カフェイン入りのコーヒーでも、一般的にはカフェイン含有量に基づいて健康への影響が予想されていることが多いのです。

例えば、運動のパフォーマンスを上げる点から考えると、カフェイン摂取はある程度有益と考えられています。ただし、この場合のカフェインは、カフェイン入りのコーヒーを想定していません

またカフェインと、カフェイン入りコーヒーの効果を比較した場合、カフェイン入りコーヒーは血圧の上昇を引き起こしますが、含まれているカフェインの量から想定されるよりは、弱いものです。食後のコーヒーとカフェインが、血糖値に与える影響についても同様のことが言えます。

コーヒーには、カフェインの効果を打ち消す化合物が含まれている可能性があるのです。今後、より多くの研究が必要なポイントです。

カフェインに関しては個人差が大きいことも事実ですので、一人一人カフェインの影響を、高血圧や糖尿病の場合と同様、カフェインありと無しの二種類のコーヒーで確認できると理想なのですが・・・。

ペーパーフィルターでコーヒーを淹れるとヘルシー?

コーヒーはLDL(悪玉)コレステロール値をあげるカフェストールと呼ばれる物質が含まれています。カフェストールはコーヒーの油性成分(油性画分)に含まれます。

ペーパーフィルターでコーヒーを淹れると、カフェストールは、フィルターに残ります。一般的に、フレンチプレスコーヒー、トルココーヒーなど未ろ過のコーヒーは、カフェストールの量が非常に高くなります。コレステロール値が高いなどで気になる人は、ペーパーフィルターで淹れたコーヒーやインスタントコーヒーを選んだほうが良いでしょう。

エスプレッソは、フレンチプレスコーヒー、トルココーヒーなどよりも、カフェストールが少なく、ペーパーフィルターで淹れたコーヒーよりも高くなります。私はコレステロール値が正常ですので、コレステロールを気にせずエスプレッソを好んで飲んでいます。もちろん「ブラック」です!! 理由は、「美味しいから」!!  美味しいエスプレッソになれると、レギュラーコーヒーでは物足りなく感じてしまうのです。もっとも番茶感覚で、レギュラーコーヒーも楽しんでいます。

ということで、全般的に見れば、コーヒーはヘルシーな飲み物と言えると思います。愛好家の人も、安心して、コーヒーを楽しんでください。また、妊娠中の女性、血圧や血糖のコンロトールに悩んでいる人は、コーヒーを控える、カフェインなしのコーヒーに切り替えることを検討してください。

まだまだコーヒーに関しては目への影響も含め未知の部分が多くあります。今後、さらに様々な成分の解析が進むことでしょう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。