専門医のコラムDr's Column

1

14

2016

コラーゲンの美肌効果はウソ? その①

40d24ac10208378549193cc09bdbcd92_s

シワやたるみといった美肌対策や関節のしなやかさ回復に効果があるとされている「コラーゲン」。コラーゲンは食物にも含まれていますし、サプリメントや健康食品として出回っているものも多いですよね。多くの方は、特に美肌に良い効果があると考えて、コラーゲンを食べていらっしゃると思います。

実は眼球で一番大きな体積を持っているのが「硝子体(しょうしたい)」と呼ばれるコラーゲン! ということは目の健康にとっても当然コラーゲンが大切であることは想像できると思います。

しかし、食べるコラーゲンの美肌効果に対しては意見が分かれており、コラーゲンの効果に懐疑的な方もいらっしゃいます。

今回は、コラーゲンに本当に効果があるのか、をお話しさせてもらいたいと思います!

コラーゲンには本当に美肌効果があるの? コラーゲン反対派vs賛成派の意見

コラーゲン反対派の意見はおおよそ次のような理由です。

●コラーゲン反対派の声

「コラーゲンはタンパク質の一種であり、タンパク質は『アミノ酸』が多数結合することでできている。コラーゲンは1000個ほどのアミノ酸がつながってできているので、食べて体の中に入れば、消化のはたらきでコラーゲンはアミノ酸に分解されてしまう。なので、コラーゲンを摂ってもそのまま肌のコラーゲンになることはない

生物学に詳しい方の多くはこの意見に賛成します。このような論理は、流行りの「酵素ドリンク」や納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」などの他のタンパク質にも同じことが言えます。「ケラチンというタンパク質で出来ている髪の毛を食べてもそのまま髪の毛にはならない」ということです。

●コラーゲン賛成派の声

「コラーゲンは確かに体の中で分解されるが、全てがアミノ酸になるのではなく、一部はアミノ酸が10~50個つながった状態の『コラーゲンペプチド』として残る。このコラーゲンペプチドは、そのまま吸収されるので、美肌に役立つ。現に、コラーゲンペプチドの効果は実験でも証明されている」

先ほどのたとえで言えば「髪の毛の断片の一部は、髪の毛を作る効果がある」ということです。さらに、実験でも証明されているとのこと。この話が正しければ、やはりコラーゲンを摂ることが美肌につながりそうです。

ということで、このコラーゲンペプチドを用いて行われた実験とコラーゲンの効果を確認したいと思います。結果は次回のコラムでお話しします!

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。