眼科診療 Ophthalmology

緑内障

緑内障検診のご案内 ( Glaucoma Test ) ⇒ コチラをクリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋院 オンライン予約

長浜院 オンライン予約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           緑内障と眼圧

房水の流れ

緑内障は白内障とは異なり、視神経が萎縮して視野が狭くなって行く病気です。原因としては以前は眼圧が高く(20mmHg以上)、そのために視神経が圧迫され傷んでしまう病気と考えられていました。なかなか自覚しづらい目の病気の一つで、日本人の中途失明原因の第一位です。

眼圧が重視されるため、現在でも緑内障の保険診療治療では眼圧を下げる方法しかありません。緑内障の眼圧用の目薬、手術、いずれの対応も眼圧を下げる効果のみに重点が置かれているのが現状です。
もちろん緑内障用点眼薬、手術が有効な場合もあります。しかし、実際は日本人の緑内障患者の7~8割程が眼圧が正常値の『正常眼圧緑内障』であることが様々な研究から明らかになってきました。すなわち日本人では眼圧だけが緑内障の原因ではないため『正常眼圧』でも緑内障になる方が多いのです。
眼圧以外の緑内障の原因としては、視神経を保護する血液の免疫力の低下が考えられます。視神経が痛んで(枯れて)元に戻らなくなるのが緑内障です。眼圧が正常でも、視神経の代謝が悪くなり、緑内障を生じやすくなるのです。
また最近では水銀などの重金属と緑内障の関連医学報告も出てきており、全身状態改善が緑内障治療につながる可能性が高まっています。当院では重金属の身体からの排出目的の治療も行っておりますので、ご希望の方はご相談下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋院 オンライン予約

長浜院 オンライン予約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緑内障の原因

9b90cc5828eae24ff5648427e17478fe-252x300

緑内障になっている方は、高血圧や糖尿病など、全身的な疾患との関連が多いことも知られています。緑内障は目だけが悪くなるのではなく、身体の病気の先行指標として目に不具合が生じる典型例とも考えられます。緑内障の治療には、身体の免疫力を高める治療を当院では推奨しています。アムサットによる全身スキャナーで、血液検査やレントゲン検査など、一般的な人間ドックでもなかなか見つけられないご自身の身体の問題点を探すことをお勧めします。

緑内障の治療

① 緑内障点眼薬

② レーザー手術

③ 緑内障手術(線維柱帯切除術 etc)

④ 体質改善による活性酸素軽減(『治し力』を高める)

 

 

身体に不具合が見つかった場合、それを改善する治療を行う事で、緑内障の視神経萎縮にも効果が期待できます
緑内障では、しだいに視野が欠けて行き、気づかないうちに視野が狭くなっていきます。また視野が欠けると視力も低下するかといえば、必ずしもそうではありません。視力と視野は別物です。
身体は全ての臓器がご自身の血液で栄養・代謝されています。この代謝能力を高め視神経の新陳代謝を改善して『治し力』を高めることが緑内障の治療に繋がります。そのためにも血液の”サビ”を減らす、活性酸素対策が有効と考えられます。
当院では保険診療の目薬、手術対応はもちろんですが、上記のような血流、身体からの治療をご提案しております。(⇒ アレルギー科 参照)
IMG_0099

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋院 オンライン予約

長浜院 オンライン予約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

① 緑内障点眼薬
保険診療では、薬物療法が治療の基本となります。
現在では、さまざまな薬効を持った点眼薬が発売されており、
緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方されます。
点眼薬の種類は緑内障治療薬だけで現在10種類以上あります。一種類の目薬だけで効果が少ないと判断された場合は、
複数の目薬を組み合わせて処方されます。
点眼は1回に1滴、複数のときは5分以上空けてさすことが、
なるべく副作用を少なくして、確実に効果を得る点眼方法です。
また、眼圧を下げる飲み薬もありますが、
全身の副作用が強く出ることがあり、内服できない場合もあります

目薬は病状を維持するためのものです。
症状が改善しないからといって自己判断でやめてしまわず、
医師の指示により長期的に根気よく続けていくことが重要です。
② レーザー手術
レーザー治療には主に二つの方法があります。
一つは、虹彩に孔を開けて、眼内の房水の流れを変えるというもので、
多くの閉塞隅角緑内障がこの方法によって治療可能です。
虹彩に孔を開けるときにレーザーを使用します。もう一つは、線維柱帯に照射することで
房水の排出を促進するためのレーザー治療です。
一部の開放隅角緑内障に効果があります。
レーザー治療の痛みはほとんどありません。外来で行うことができます。
③ 緑内障手術
薬物療法やレーザー治療が功を奏さなかった場合に行われる治療です。大まかには、房水を眼外に染み出すように細工をする手術(線維柱帯切除術)と、
線維柱帯を切開して房水の排出をたやすくしてやる手術(線維柱帯切開術)の二つがあります。また、房水の排出を改善するために留置する器具も認可されました。
これらの手術方法は症例に応じて選択されます。手術をしても症状が改善するのではなく、
あくまで眼圧を下げて進行を食い止めるのが目的です。緑内障の手術方法は年々改良が進み、
治療成績もかなり改善されてきましたが、合併症もありえますし、
術後に再手術が必要となる可能性もあります。
またうまく眼圧が下がっても定期的な管理が必要です。④ 体質改善による活性酸素軽減(『治し力』を高める)
身体に不具合が見つかった場合、それを改善する治療を行う事で、緑内障の視神経萎縮にも効果が期待できます緑内障では、しだいに視野が欠けて行き、
気づかないうちに視野が狭くなっていきます。
また視野が欠けると視力も低下するかといえば、
必ずしもそうではありません。視力と視野は別物です。身体は全ての臓器がご自身の血液で栄養・代謝されています。
この代謝能力を高め視神経の新陳代謝を改善して
『治し力』を高めることが緑内障の治療に繋がります。
そのためにも血液の”サビ”を減らす、活性酸素対策が有効と考えられます。当院では保険診療の目薬、手術対応はもちろんですが
上記のような血流、身体からの治療をご提案しております。
(⇒ アレルギー科 参照)

緑内障の分類

 

(1)原発開放隅角緑内障(図2)
緑内障_1
線維柱帯(とその奥にあるシュレム管)と呼ばれる場所が目詰まりを起こし、
うまく房水が流出されないために眼圧が上昇すると考えられています。
原発とは、「誘因となるほかの病気がないにもかかわらず」という意味を表します。
隅角とは、線維柱帯を含めての房水の流出路の場所で、
角膜と虹彩の間を指す専門用語です。

つまり、この病名は、「ほかの病気のためではなく(原発)」、
「隅角が見かけ上開放されているのに(開放隅角)」、
視神経が障害される緑内障であることを意味しています。

このうち、眼圧がいわゆる正常範囲にありながら
視神経が障害されるタイプの緑内障を正常眼圧緑内障といいます。
正常眼圧緑内障では、視神経の血液循環が悪かったり、遺伝や免疫、
酸化ストレスなどのいろいろな原因のために、
通常では緑内障を起こさない程度の眼圧でも視神経が
障害されるのではないかと考えられています。

また、正常眼圧緑内障の患者さんには高齢者が多くて、
近視の頻度も高いことから、加齢や近視もリスク要因であると考えられています。

 

(2)原発閉塞隅角緑内障
緑内障_0
原発閉塞隅角緑内障とは、「ほかの病気のためではなく(原発)」、
「隅角が狭くなり(狭隅角)、ついには閉じてしまう(閉塞してしまう)ために」、
房水の流出が障害され眼圧が上昇する緑内障であることを意味します。
原発閉塞隅角緑内障では、急速に隅角が閉じてしまうことで、
劇的で著しい眼圧上昇を来すことがあり、
これを一般に急性緑内障発作と呼びます。

上記のように、急性発作では、眼痛、頭痛、
吐き気などの激しい自覚症状が出現します。

 

(3)続発緑内障

あらかじめ眼や全身に何らかの病気があり、
それが原因で眼圧が上昇するために起こる緑内障です。
開放隅角の場合もあれば、閉塞隅角の場合もあります。
原因はさまざまなので、正確にその病気や状態を把握して、
原因からきちんと治療していくことが重要です。

(4)発達緑内障

生まれつき隅角に異常があるタイプの緑内障です。
生まれた直後から眼圧が高い場合、眼球そのものが大きくなることもあり、
昔から、俗に「牛眼」と呼ばれています。

乳幼児から若年齢に緑内障と診断されることが多いのですが、
特に乳幼児の緑内障は急速に悪化して、眼球拡大が進行すると、
たとえ眼圧がコントロールされたとしても
視機能が著しく障害されてしまう結果になりやすいので、
多くの場合、早期に手術療法を行います。

 

 

緑内障の検査

 

緑内障を診断したり治療経過の良し悪しを判断するには、
定期的に多くの検査を行う必要があります。
緑内障の検査は基本的には定期的に生涯にわたって
続けていく必要があります。

 

(1)眼圧検査

眼圧を測定する器械はいくつかの種類があります。
患者さんの目に器械を直接接触させて測定する器械や、
患者さんの目に圧縮した空気を吹き込んで測る機械などがあります。

それぞれの器械には長所短所があり、
どちらが優れているというわけではありません。

 

(2)隅角検査

主に診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。
この特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて
隅角を観察して診断します。
点眼麻酔をして行いますので、痛みはありません。

 

Scheie分類

緑内障

(3)眼底検査

視神経の障害の程度を判定するために行う検査です。
視神経の眼球の出口(視神経乳頭)には、小さなくぼみがあり、
緑内障ではこのくぼみが拡大します。健康診断などでは、
よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と
判定されます。眼底検査は少しまぶしいことはありますが、
痛みなどはありません。

最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて
視神経乳頭や網膜の神経線維の厚みを測ることにより、
緑内障をより適確に診断できることが増えています。

 

(4)視野検査

見える範囲を調べる検査です。特殊な機械の前に座って、
小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。
30分近くかかる検査ですが、緑内障の進行具合を判断するために、
最も重要な検査です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋院 オンライン予約

長浜院 オンライン予約

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ドクターコラムでも緑内障関連説明がありますのでご参照下さい!

近視や高血圧と緑内障の関連!

1日2回、ほうれん草・キャベツなどの葉物野菜を食べると緑内障が減る!?

緑内障の頻度と重金属との関係

緑内障、高齢者の運転で特に危険

緑内障手術、視野が狭くなるのを防ぐ「線維柱帯切除術」の効果は?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋院 オンライン予約

長浜院 オンライン予約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このページの先頭へ