専門医のコラムDr's Column

10

3

2017

再びリノール酸問題!

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

再びリノール酸問題!

O:    「もう少し考えると、いっそのこと悪性エイコサノイドの元であるリノール酸をはじめからとらなければいいのではないかと、思いませんか?」

チャコ:  「思うでチャコ!」

O:     「そこで、 7月14日の “かゆみの原因、リノール酸の問題 を思いだしてください。1960年代、つまり半世紀ほど前、動物性脂肪のバターやラードをやめて、植物油やマーガリンにしようという“リノール酸神話”が生まれました。リノール酸にはコレステロールを下げる効果があり、積極的に摂取することを勧められた時代がありました。動脈硬化を予防し、血液をサラサラにする効果があると信じられていました。
その神話は1991年に発表されたフィンランドの研究で、完全に崩れ去ったはずなのです。しかし、今でもその神話が尾をひいているようです。アメリカ国立予防衛生研究所の脂質栄養学の専門家ウイリアム・ランズ教授によると、先進国でのリノール酸摂取は、必要量の10倍にもなっているそうです。

日本人の場合、多少それよりもましですが、日に2グラムで十分なところをその5倍はとっています。現代人はあまりにも過剰のリノール酸をとり過ぎているのです。

先の図からも理解いただけると思いますが、リノール酸からは善玉のエイコサノイドも生成されます。すべてのリノール酸をカットしてしまえば、いいものまでいっしょに失われ、これもバランスが崩れ、健康を害します。しかし、現実はそれ以上にリノール酸を摂り過ぎていることが、やはり問題だと考えられますね。」

チャコ: 「となると、やっぱりチャコが必要とされるでチャコな!」

O:    「また、日本人の動物性タンパク質の摂取量がこの50年間に急激に増えたこともお話ししましたね。それに伴いアラキドン酸の摂取量も増えているはずなのです。」

チャコ: 「7月19日の“動物性たんぱく質の食べ過ぎ!” たまごの食べ過ぎの話も思い出すでチャコ!」

///////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。