専門医のコラムDr's Column

9

30

2017

悪玉エイコサノイドは、アラキドン酸から代謝される

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

炎症性の悪玉エイコサノイドは、アラキドン酸から代謝される

チャコ:  「EPA、新聞のサプリメントの広告でよく見るでチャコ!」

O:     「複雑なのはオメガ6系列の  リノール酸→ガンマリノレン酸→ジホモガンマリノレン酸という経路からできるエイコサノイドです。」

チャコ:  「・・・名前を覚えきれないでチャコ!?」

O:     「無理に覚えなくてよいです。でも興味を持っていただいた方のために、オメガ6系列の代謝にのみ焦点を絞った次の図参照して下さい。」

チャコ:  「リノール酸から、善玉と悪玉の両方のエイコサノイドができるのでチャコな!」

O:     「また、リノール酸とリノレン酸は混同しやすいので注意して下さい。英語でも、linoleic acid 、linolenic acidとたった一字ちがいです!」

チャコ:  「これは小栗ドクターでなくても、難しくて赤点取るのがフツウかも、でチャコ!」

O:     「赤点の話はここまでとして・・・!  活性の強い炎症性の悪玉エイコサノイドは、アラキドン酸から代謝されます。図を見てもらいたいのですが、ジホモガンマリノレン酸からアラキドン酸の産生を少なくしてやれば、悪玉が増えません。それには、Δ5デサチュラーゼという酵素の活性を抑制することです。この役目をはたすのは、先ほどのEPAとグルカゴンです。」

///////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。