専門医のコラムDr's Column

9

25

2017

炎症、抗ヒスタミン薬

小栗:O  チャコーシェルくん:チャコ

炎症を抑える抗ヒスタミン薬

O:   「この毛細血管の内皮細胞のスキマを通じて血漿成分(血液の透明性分)が組織へ滲出する “血管透過性亢進” と呼ばれる反応がおこります。 血管透過性亢進には皆さん名前は聞いたことがあると思いますが、ヒスタミンやセロトニンが関与します。」

チャコ: 「抗ヒスタミン薬、とかよく聞きます。」

O:    「この血管透過性亢進を起こすヒスタミンを抑えて、かゆみを抑えるのが抗ヒスタミン薬です。 “アルガード”、“アレグラ”、“アレジオン”、“スカイナーAL錠”、“ザジテン” などの銘柄名が付いている市販薬など、多くの方になじみがあると思います。」

チャコ:  「そうした薬が、抗ヒスタミン薬だったんでチャコ! なるほどですね。」

O:     「また、白血球、マクロファージ、リンパ球なども毛細血管周囲の組織間質へと出ていきます。 これらの血漿成分、細胞成分によって組織細胞の増殖が促され、壊れた組織は回復へと向かうのです。血液成分で、以上が起こった組織が治っていきます!」

チャコ:  「それが “炎症” でチャコか!」

O:     「その通りです。 これが一過性の炎症反応で、生体は異物の攻撃から守られます。 これは非常に素晴らしい身体の防衛機能なのです。 ところが、この反応が慢性的におこると問題なのです。 炎症というのは、壊れた組織を回復する為に “テンパっている” 状態です。 いつもテンパっていると、オーバーヒートしてしまいます。 そうすると、異物を攻撃し排除するだけでなく、自らの組織も攻撃してしまうのです。」

チャコ:  「長時間頑張りすぎると、疲れますからね~。炎症も長引くと良くないのですね。」

O:    「アトピー性皮膚炎はもちろん、花粉症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、アルツハイマー病、がん、骨粗鬆症、慢性疲労症候群、うつ病、挙げればきりがないですが、殆どの病気に炎症という病理が大きく影響しているのです。 この炎症を最初から終わりまでコントロールするのがエイコサノイドという物質なのです!  次回は、このエイコサノイドについてお伝えします。」

///////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。