専門医のコラムDr's Column

9

15

2017

緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方

おぐりクリニック・長浜院の吉田が執筆した緑内障についての電子書籍が上、中、下巻と、全巻アマゾンより発売開始されました。

以下、各巻のまえがきから抜粋してご紹介いたします!

日本人の失明第一位の緑内障。お悩みの方は是非ご一読なさってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 上巻

「緑内障は眼圧が高くなって、視神経が痛み視野欠損が生じる病気」とされていました。しかし、この定義が現代の日本人には当てはまらなくなっています。眼圧が正常である、「正常眼圧緑内障」が緑内障の7割以上を占めているからです。
緑内障の多くは「原因不明」と言われています。保険診療では眼圧下降治療のみしか行われません。「原因」への治療がほぼ放置されていることが特に「正常眼圧」緑内障の不安を助長しているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 中巻

上巻で緑内障とはどのような病気かをご説明しました。
緑内障とは、何らかの原因で視神経が傷んで行き(視神経萎縮)、物を見る視界(視野)が悪化する病気です。ではどのような原因があるのでしょうか?
中巻では、患者さんが疑問にもたれる「よくある質問」をもとに、Q&A形式でご説明させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[吉田望(著)小栗章弘(監修)おぐり近視眼科グループ]の緑内障 失明の不安を吹きとばせ!! きっと見つかる!あなたに合った治し方 下巻

この巻では、 いよいよ治療法についてお伝えいたします。 特に、 保険診療での眼圧下降治療、 およびその限界についてまずは説明いたします。 保険診療は「 対症療法」 であり効果に 限界があります。 「根治治療」を希望される方は毎日自宅でも可能な対処方法、治療法を本書 からご活用ください。 少しの生活習慣の工夫で緑内障の予防や治療に繋がる可能性が高いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。