専門医のコラムDr's Column

9

13

2017

ブタクサ花粉によるアレルギー

(参天製薬会社資料)

ブタクサ花粉によるアレルギー症状の悪化

季節性アレルギー性結膜炎の原因となる食靴は約60種類と言われています。

ブタクサはイネと並んで秋の代表的なアレルゲン(アレルギーの原因物質)となる植物です。

点眼薬でかゆみのサイクルをブロックして、角膜障害を起こさないことが大切です。角膜障害を生じると、視力低下に繋がるのです。

たかが花粉症、と油断して角膜障害が永続化して視機能障害を生じる方もおられます。なかなか受診が出来ないということで、市販の点眼薬で様子を見る方もおられますが、気を付けないと市販薬は防腐剤をはじめとした添加物が多く含まれており、アレルギーやドライアイ症状を悪化させている場合も多いのです。

目の違和感を感じたら、早めの眼科受診をお勧め致します。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。