専門医のコラムDr's Column

6

19

2017

視力回復コンタクト(オルソケラトロジー)視力回復の原理

オルソケラトロジーの視力回復法では、寝る前に、特殊な形状のハードコンタクトレンズを装用します。

睡眠中は、コンタクトレンズを装用したままです。その間に角膜を調整し、屈折力を弱めます。

そして朝、レンズをはずすと、角膜がオルソケラトロジーレンズのカーブに近い状態に変化して近視が減った状態になります。
角膜の形状が安定している間、日中は、良い裸眼視力を保てるわけです。角膜のカーブ(曲率)を緩くして、眼球全体の屈折力を弱めて近視を減らす、という概念はレーシックと同じです。

コチラをご覧ください

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。