専門医のコラムDr's Column

6

10

2017

後房型フェイキックIOL ( ICL )

後房型フェイキックIOL手術は、前房型に対して、後房という虹彩と水晶体の間にレンズを移植して近視・遠視・乱視を治す方法です。

その代表ともいえる  ICL(Implantable Collamer Lens)後房型有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL) について、詳しくはコチラをご参照ください!。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。