専門医のコラムDr's Column

6

7

2017

眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)

レーシック術後合併症が術前検査の際に強く疑われる場合は、無理なレーシックを行わないことが大切です。レーシックのリスクが高いと考えられる場合は、円錐角膜の方も含めて様々な種類の眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)を現在では選択いただけるようになりました。 (レーシックを受けられないと言われた方へ

レーシックの失敗、と捉えられているケースは多くが治療適応外の方に生じていると考えられます。

眼内コンタクトレンズは眼科用語では「フェイキックIOL」と呼ばれています。

「目の中にいれるコンタクトレンズ」と捉えていただくと理解いただきやすいかと思います。詳しくはコチラをご参照ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。