専門医のコラムDr's Column

6

3

2017

角膜クロスリンキング

角膜クロスリンキングは、円錐角膜(角膜の中央が薄く、かつ前方へ突出してくる眼病)やレーシック術後の角膜拡張症(ケラトエクタジア)という合併症の進行を抑えるために有効な治療方法です。

様々な考え方があるかと思いますが、当院でレーシックを行うためにわざわざ角膜クロスリンキングを行わないのは理由があります。おそらく多くの眼科専門医も同じ考えをお持ちだろうと考えます。

レーシックを行う際に、すべての方に角膜クロスリンキングを行うことを勧めない理由はコチラをご参照ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(名古屋、栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (滋賀、長浜イオン西隣)オンライン予約