専門医のコラムDr's Column

5

22

2016

眼と”肝”、”腎” それぞれの東洋医学的働き

眼科疾患が、眼だけ独立して生じているものではないことをお伝えしたいと思い、前回に引き続きもう少し東洋医学的な捉え方をお伝えしたいと思います。生きていくための基本的な生命エネルギーの源となる “肝” 、”腎” が、眼科とどのように関連するのかをお話しさせていただきます。

眼は肝に蓄えられた血の栄養で働く

東洋医学には、「肝は眼に穴を開く」「肝は血を受けて能く視る」「肝は血を蔵す」という経験則があります。これらは肝に蓄えられている血の栄養によって眼が働くと解釈されます。

全身に栄養を与え潤すと同時に精神活動を支える物質を、”血” と呼んでいます。西洋医学で言う、我々に馴染みの深い「血液」とは少し異なる概念です。

”血” は体内に吸収された飲食物を材料にして作られます。当然ですが、水と食の大切さがここでも確認されます。「我々は食べたもので出来ている」のです!  その後、”血” は肝にストックされます。そして肝は必要に応じて、全身の血流量をコントロールします。眼も肝の作用により、必要な血が供給されていると考えます。

血量のコントロールの乱れや血の使い過ぎで眼科症状に

肝にトラブルが起こると、眼にも症状が現れるのは、こうした関連からです。疲れ目の背景となる肝のトラブルとして、まずあげられるのが肝気鬱結(肝気鬱滞)。いわゆる更年期障害・自律神経失調症にストレス、イライラ、怒りっぽい状態と捉えてもらえれば良いかと思います。そのために、血量のコントロール機能が乱れ、眼に十分な栄養が行き渡らない状態です。

眼科的捉えると、この場合、眼の症状にプラスして、胸脇部がはって痛む、イライラする、ため息が多い、憂鬱(ゆううつ)感などの症状も出現します。また、感情の変化によって眼の疲れ方が変化するという特徴もあるのです。

また、肝血虚でも疲れ目の症状が出ます。血を使い過ぎた、あるいは出血過多、血の補給不足、慢性病などで血のストックがなくなり、眼に栄養が行き渡らない状態です。この場合、顔色が青白い、めまいがする、耳鳴りがする、手足が震える、筋肉の痙れん、月経量が減る、または月経血の色が淡いといった症状も伴うことが多いのです。

肝血虚の典型は、「朝礼で倒れるダイエットしている貧血女子高生」や、「女子マラソンのランナー」です。女子マラソンのランナーは、よく「こむらがえり(筋肉の痙攣)」を起こします。激しい運動で筋肉は激痩せして、めまいを起こして倒れたり、生理が止まることもあります。

造血や血の貯留に関わる”腎”  目の症状との関連

さて、”血” は骨髄でも作られます。血液は腸で作られるという「腸造血説」が有力となっていますが、「骨髄造血説」もまだまだ支持されています。中国医学において、その骨髄をつかさどっているのは、”腎” という臓器。”腎” は “精” という、身体の基本物質を、”血” から転化し蓄えるという働きもします。 “肝” に蓄えられた “血” が余ると “精” になり、”血” が不足すると “精” が “血” に変わります。この考えは西洋医学は持ち合わせていません。

また、”腎” は生長、発育、老化にも大きく関与します。加齢にともなって “腎” が衰えても、眼科の症状となって現れます。 「白内障」が代表例ですが、”腎” の衰えに伴って生じる疾患です。そのため “腎” のエネルギー不足を補う牛車腎気丸を処方する場合がありますが、この漢方薬は白内障の治療薬として保険診療での対応が認められています。

疲れ目などの眼の症状と関係する “腎” の状態として、”腎虚” が挙げられます。老化により骨髄における “血” の製造力が不足し、さらにそれを補う “精” も不足している状態で、結果的に “血” が行き渡りません。この場合、眼の症状にともなって、腎虚のために足腰のだるさや、冷え、ほてりが起こります。

脾も眼に関連!

“脾” は、”胃” と共に、 消化吸収に関する働きを担っていると考えられており、西洋医学の脾臓とは、生理機能が全く異なっています。西洋医学を学んできた我々としては、頭を切り替えないと素直に理解できない部分です。(ドイツ語のMilzを日本語に訳す際に、全く生理作用が異なっているにも拘わらず、 翻訳者は、十分な知識がないままに、「脾」という五臓の内の一つ臓器の単語を借りて、 脾臓と誤訳したと言われています。)

疲れ目の背景として多いのは、これまであげた肝や腎の不調ですが、脾、つまり消化器系の働きが低下しても、症状が出ます。脾胃気虚といい、飲食の不摂生、大病、考え過ぎなどで胃腸に負担がかかり、食べ物から栄養が吸収されずに血が不足して起こります。眼の症状にあわせて、疲労感や食欲低下、息切れなどが。この場合、脾の気を補って治します。

治療には、鎮静作用、胃腸機能改善および蠕動運動調整作用などのある生薬を組み合わせます。

いかがでしたでしょうか? 難しい、と思われましたか?  深く考えずに眼科の病気を ”治す” ためには、肝、腎、脾 を全身的に改善する必要があることを多くの方にご理解いただければ幸いです!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム オンライン予約

 

当コラムは患者さんのお役に立てていただく参考資料として配信しております。

質問やご意見については診察時に小栗にお尋ねいただけますと幸いです。

電話でのお問い合わせは対応しかねますのでご理解のほど宜しくお願い致します。